会社沿革

2004年
平成16年5月

橋本克子(現取締役)が「アメリカンスタイルのヘアーカット専門店」として
個人事業として創業

2004年
平成16年10月

有限会社カットルームコーポレーション設立
資本金 3,000,000円
本部所在地 群馬県太田市台乃郷町732-21

2005年
平成17年9月

本部所在地を山形県へ移転
本部所在地 山形県若宮三丁目7番-30-1401号

2005年
平成17年12月

代表取締役社長に橋本憲夫就任
店舗数は12店舗となりチェーンストア(志向企業)となる
中期ビジョン 2015年200店舗中期計画を公表

2006年
平成18年2月

初の大型モデル開発(50坪タイプ)
河北店(山形県河北町)開店

2006年
平成18年4月

初のスクラップ&ビルド
米沢中田店(山形県米沢市中田町)開店
理容店(A館)美容店(B館)のW化増床店舗をスクラップして近接地に移転増床を図る。大型2号店

2006年
平成18年5月

大型3号店
南陽店(山形県南陽市)開店
河北(新店実験)、中田店(既存増床実験店)の検証から大型店モデル開発の成功を確信しての出店

2006年
平成18年9月

初の独立支援制度1号店
新庄店(山形県新庄市)開店

2006年
平成18年11月

独立支援制度2号店
長井店(山形県長井市)スーパー大型店(100坪)実験

2006年
平成18年12月

ヘアーカット+α(複合新業態)として鈴川店(山形県山形市鈴川町)開店
同一建物内にお菓子スーパーC&C併設

2007年
平成19年1月

県外出店の仕組みづくりとして組織変更
店舗活性部を設立

2007年
平成19年1月

独立支援3号店
村山駅西店(山形県村山市)開店

2007年
平成19年2月

県外初出店となる
湯沢ビッグフレッグ店(秋田県湯沢市)開店

2007年
平成19年7月

将来の消費税値上げに対応する新価格への値上げ
「1000円税込みを1050円税込」実施
全店舗のレジ統一

2007年
平成19年8月

資本金8,000,000円に増資

2007年
平成19年10月

米沢成島店(山形県米沢市成島町)開店

2007年
平成19年11月

独立支援4号店
横手インター店(秋田県横手市)開店

2007年
平成19年12月

独立支援5号店
酒田北新橋店(山形県酒田市新橋市)開店

2007年
平成19年12月

第2回方針発表会で新中期ビジョン
2018年200億円突破
ヘアーカット+αの複業新業態で公開企業へのチャレンジを表明

2008年
平成20年2月

独立支援制度6号店
酒田みずほ通り店(山形県酒田市みずほ通り町)

2008年
平成20年2月

新独立支援制度として既存店舗「上山店」を暖簾わけ
(新個人事業主請負契約)

2008年
平成20年3月

採用強化の一環としてホームページをスケールアップ。
また、社内報を公開

2008年
平成20年3月

店長制度制定

2008年
平成20年4月

大型ショッピングセンターへのテナント出店へチャレンジ
山形県(6月開店予定)、秋田県(11月開店予定)で申請

2008年
平成20年4月

新潟出店へのテナント企業として『ひらせい』さん会社訪問にて出店候補店舗リサーチ

2008年
平成20年5月

秋田大曲大型物件申し込み(6月開店予定)

2008年
平成20年5月

15秒動画コマーシャル作成・初のショートソング作成

2008年
平成20年6月

イオン山形南ショッピングセンターへテナント開店

2008年
平成20年6月

大曲花館店開店
初の理容美容併設大型郊外モデル店舗

2008年
平成20年6月

採用媒体の強化
①映画館への動画15秒CM放映!
山形市嶋の大型映画館(12スクリーンにて月間1000本以上放映)
②山形市タウン誌(10万部)へ連続掲載

2008年
平成20年7月

①イオン三川店契約申請
②新潟県への出店パートナーとして『ひらせい』様と1号店候補を決定する

2008年
平成20年8月

イオン三河店開店
イオンショッピングセンターテナント2号店

2008年
平成20年9月

『ひらせい』様とテナント契約書を交わす。
工事9月12日よりA工事開始予定

2008年
平成20年9月

独立支援制度へ複数店舗をもてる代理店オーナー契約を新設する。

2008年
平成20年10月

①ひらせい新潟坂井店開店:新潟初出店と同時に初のFC
②イオン大曲ショッピングセンター店開店:イオンショッピングセンター3号店

2008年
平成20年11月

①カットルームプラス山形久保田店開店
②カットルームプラス天童老野森店開店
 新規業態カットルームプラス2店舗同日開店
③1000円プライスを更に引き下げた899円プライスショップの実験を開始(3店舗の面展開)
 本格的競争時代への先行モデル実験
④独立支援店舗を3店舗追加
 また大型店も2店舗追加してクルーの暖簾(のれん)わけとする。

2008年
平成20年12月

①899円プライスショップを7店舗へ拡大する。
②来期方針発表会の開催(ホテル古窯)
来期テーマ:『喉元をかっきる大競争時代を生き抜く』ための1戦略と4方策
その管理指標は分配率管理
粗利益高7億円(既存4.5億、新店舗2.5億)
③YBC(山形放送)のテレビCM決定
来年度1月から放映(そのための新CM制作中)

2009年
平成21年2月

新業態プロジェクトチームによる、ストアコンバリゾン実施

2009年
平成21年3月

持ち込みヘアカラーサービスの導入

2009年
平成21年6月

高畠FC店オープン
尾花沢店オープン

2009年
平成21年7月

新業態プロジェクトチームによる、新業態モデル店舗研究スタート(9月度開店予定)

2009年
平成21年8月

下半期計画修正(新型インフルエンザ対策他)
中間計画の発表:平成25年グループ年商20億円(110店舗)